自然から離れれば、こころが頑なになる

近頃、山へ出掛ける機会が増えています。

サロン名を変更してから約2ヶ月。

なんとなくではありますが、取り巻くエネルギーが変わってきたなと感じています。

山へ行く機会が増えたのは、そんなことも影響しているのかも、と思っています。

出掛けた先で撮った写真を少しだけご紹介します☆

筑波山

20120927i.jpg

20120927h.jpg

弥彦山弥彦神社

20120927g.jpg

20120927j.jpg

草津白根

20120927f.jpg

20120927e.jpg

乗鞍岳

20120927c.jpg

20120927b.jpg

20120927a.jpg

20120927d.jpg

自然豊かで美しい景色から、生物が生息できないほど過酷な環境まで

様々な姿を見せてくれる山。

私とは比べ物にならないくらい長い時間を経て存在している山を見ていると

自分という存在の小ささを感じる事はもちろんですが

「何事も起こらない」ということは、すごいことなのだということを改めて思います。

身近に起こる不幸なことについては、何でこんな目に?とすぐ考えますが

何事も起こらない穏やかな時間について、ありがたいと感謝することは

いろいろな事が便利になっている現代において、忘れがちであるなと感じます。

ネイティブアメリカンの言い伝えで

「自然から離れれば、こころが頑なになる」

ということを聞いた事がありますが、本当にその通り。

最近、山に登る人が多いのは

「自分が自然の一部であるということを忘れない」ということの大切さを

深いところで感じている人達が多いのかもしれませんね